エコメッセとは

~つながれ ひろがれ エコメッセ~
『エコメッセ in ちば』は、持続可能な社会の実現を目指し、市民・企業・行政・大学が実行委員会を組織し、良好なパートナーシップのもと環境啓発イベントとして、1996年から毎年開催しています。
2017年のテーマは、「進め!COOL CHOICE(クールチョイス)」です。

環境について楽しみながら考え、体験でき、子どもから大人まで様々な人々が出会う「環境への気づきの場」を基本コンセプトとしてきました。お陰さまで、県内外の環境活動市民団体や、企業、学校、行政が出展され、近年は1万人を超える多くの県民の方が来場されました。

また、各団体間の交流、協働の取り組みを推進し、団体の活動が活性化、環境活動の促進へとつなげるサポートとして、ネットでの情報発信や交流会を開催しています。

多くの主体や県民の方が参加されることによって新たなパートナーシップが築かれる、そんなエコメッセを作り上げていきたいと思います。
皆さまのご支援とご協力をお願いいたします。

 

エコメッセinちば実行委員会 委員長 桑波田和子

組織名 エコメッセちば 実行委員会
所在地 〒260-0831
千葉市中央区中央港1-11-1
(一財)千葉県環境財団 業務部 環境活動支援課気付
電話 080-5374-0019
FAX 043-246-6969
E-Mail info@ecomesse.com
主な事業内容

持続可能な社会の実現”をメインテーマに、市民・大学・企業・行政による対等なパートナーシップのもとで実行委員会を組織し、1996年より毎年「環境活動見本市(、エコメッセ)」を開催しています。千葉県内外から環境保全に取り組むさまざまな団体が出展し、「環境問題に関する市民団体、企業、行政の取組み」「環境に関する問題の提起と共有」「環境にやさしい商品の紹介」などを、子どもから大人までの来場者に楽しくわかり易く伝え、誰もが環境配慮行動・保全活動を実践すること(環境保全の輪を広げ る)を目的とする「千葉県最大の活動見本市」です。近年は、来場者12,000人、出展団体115となります。また、2012年度からは年1回の大きな環境イベントだけでなく、各団体間の交流、協働の取り組みを推進し、団体の活動が活性化、環境活動の促進へとつなげるサポートとして、ネットでの情報発信や交流会を開催しています。

 

2017年度実行委員名簿

委員長 桑波田 和子 環境パートナーシップちば代表
副委員長 入江 信明  千葉県環境生活部循環型社会推進課長
副委員長 志村 勇亮  (一財)千葉県環境財団理事長
副委員長 山内 雅充  千葉市環境局環境保全課担当課長
副委員長 中村 公一  (一社)千葉県経済協議会専務理事
会計監査 木村 秀雄  (一社)千葉県産業廃棄物協会専務理事
会計監査 高岡 良介  (株)千葉銀行
企画部 吉田 謙二  スマートビーンズ株式会社
企画部 柏 靖博  個人
企画部 遠藤 陽子 NPO法人千葉自然学校  
企画部 福満 美代子 NPO法人ちば環境情報センター
企画部 藤岡 創太 個人
企画部 奥山 淳梓 環境パートナーシップちば
広報・交流部 中西 広充  中西ファーム
広報・交流部 kousaku  U-PROJECT
広報・交流部 高橋 賢治  ワンアップ・アド・システム(株)
広報・交流部 田辺 雅之  千葉県環境生活部循環型社会推進課
広報・交流部 山﨑 健太  千葉市環境保全課温暖化対策室
広報・交流部 髙橋 慧次  千葉市環境保全課温暖化対策室
広報・交流部 斎藤 清  環境パートナーシップちば
広報・交流部 茂木 昌克  GONET 
広報・交流部 谷合 哲行  (株)テクノリライブ
広報・交流部 中岡 丈恵  ちば環境再生県民の会・つかいまわし工房
広報・交流部 小林 将俊  生活協同組合コープみらい
広報・交流部 斉藤 則俊  (一社)千葉県環境保全協議会
事務局 宮下 朝光  NPO法人太陽光発電所ネットワーク千葉地域交流会
事務局 山田 多恵子  環境パートナーシップちば
事務局 横山 清美  環境パートナーシップちば
事務局 山口 幸一 (一財)千葉県環境財団  
事務局 戸谷 恭子  (一社)ガールスカウト千葉県連盟
事務局 岸田 有紀  (一社)ガールスカウト千葉県連盟
事務局 望月 靖子  環境パートナーシップちば
実行委員 内山 真義 個人
実行委員 秋葉 京子 (一社)ガールスカウト千葉県連盟
実行委員 橋本 正 NPO法人環境カウンセラー千葉県協議会
実行委員 小田川 和恵  千葉県生活協同組合連合会
実行委員 根岸 俊充 東京ガス(株)千葉支社